4:4:4 Test Pattern

4:4:4テストパターン

エクストロンの4:4:4テストパターンは、システムのカラープロセッシング性能を判定するための必須ツールです。

最適な画質を実現するために、エクストロンのスケーラーは、色のディテールを最も正確に再現することが可能な4:4:4カラープロセッシングを採用しています。4:2:2や4:2:0クロマサブサンプリングを採用したスケーラーはフルモーションビデオには十分かもしれませんが、コンピューターで生成した詳細なコンテンツを表示する場合にはイメージの著しい劣化が現れる場合があります。

テストパターンの使用方法

  1. サイドバーにある起動ボタンでテストパターンを開いてください。
  2. 「Download」ボタンをクリックしてお使いのコンピューターにテストパターンを保存してください(任意)。
  3. テストパターンをダブルクリックしてフルスクリーン表示してください
  4. コンピューターをAVシステムのビデオ入力に接続して、基準ソースとして使用してください。
  5. AVシステムのディスプレイ上に表示されたテストパターンを確認してください。

注目点

このテストパターンにより、信号伝送経路上の機器が4:2:2または4:2:0イメージプロセッシングを行っている場合はそれが明らかになります。その結果は色情報の喪失として現れます。単一ピクセル幅のラインとテキストに注目してください。4:2:2や4:2:0プロセッシングにより、ラインの色や幅の違いや、画像のにじみが現れます。4:4:4プロセッシングは、色の詳細なディテールや明瞭な境界を維持します。

4:4:4 Processing
4:4:4プロセッシング
4:2:2 Processing
4:2:2プロセッシング
4:4:4 Processing
4:4:4プロセッシング
4:2:2 Processing
4:2:2プロセッシング
4:4:4 Processing
4:4:4プロセッシング
4:2:2 Processing
4:2:2プロセッシング

4:4:4テストパターン

クリックしてテストパターンを開いてください。テストパターンに『Download』ボタンが表示され、お使いのコンピューターに保存することが可能です。

初めにログインしてください >

注目のメディア

詳細情報