LinkLicense

追加機能によりエクストロン製品をアップグレード

LinkLicense®を使用すれば、短時間に低コストでエクストロン製品に強力な機能を追加可能です。それぞれの種類のLinkLicenseは、独自の一連の機能を有効化し、お使いのシステムの機能を拡張します。LinkLicenseはシステム毎に適用されるため、必要なシステムだけに機能の追加や性能の向上を行うことが可能です。製品へのLinkLicenseの有効化は短時間で容易に行うことができるため、機能の追加や能力の向上が即座に可能です。

ユーザーインターフェイス用LinkLicense

このユーザーインターフェイスアップグレードにより、モバイル機器やノートPCをメインのコントロールインターフェイスとして容易に使用することが可能です。単体のIPCP Proコントロールプロセッサー、コントロールプロセッサーを搭載したスイッチャー、HC 400シリーズシステム、一部のTeamWork®コラボレーションシステムなどをお使いの場合に、このアップブレードをご利用いただけます。ユーザーインターフェイス用LinkLicenseをこれらの製品とともに使用して、BYOD方式による持ち込み機器を使ったシステムの制御がより一層容易に可能です。アプリやWebブラウザを立ち上げるだけで、部屋のAVシステムに即座にアクセス可能です。直観的操作が可能なカスタムメイドのインターフェイスにより、ソース機器、オーディオ、照明等の、通常のタッチパネルで制御可能なあらゆるものを、使い慣れた自分の機器からフル制御することが可能です。

2系統同時録画用LinkLicense

このアップグレードにより、SMP 351を使用して2系統の別々のソースを独立して録画とストリーミング配信することが可能になります。より多くのDSP機能やエンコーダーとストリーミングプリセットの使用を可能にします。

Panopto連携機能追加用LinkLicense

  • SMP 300用追加機能
  • この年間サポートライセンスは、SMP 351とSMP 352の、Panoptoエンタープライズビデオプラットフォームへの高度なインテグレーションを可能にします。Panoptoビデオプラットフォームからの録画スケジュールの設定が可能、また、RTMPを使用したPanoptoへのライブビデオストリーミングにより、ライブイベントブロードキャストなどが可能になります。このアップグレードには、スケジュール機能とライブストリーミング機能を強化するLinkLicenseに加えて、システム運用自動化のための無償のFlexOS®アプリケーションフレームワークが必要になります。
  • SMP 111ライブストリーミング
  • この年間ライセンスにより、PanoptoホステッドビデオプラットフォームとSMP 111の連携を強化します。このLinkLicenseを追加することにより、RTMPとRTMPSによるPanoptoへのライブメディアストリーミングが可能になります。

Kaltura連携機能追加用LinkLicense

  • SMP 300追加機能
  • この年間サポートライセンスにより、KalturaホステッドビデオプラットフォームとSMP 351、SMP 352の連携を強化します。このLinkLicenseは追加機能を提供し、Kalturaからの録画スケジュール設定とRTMPによるKalturaへのライブメディアストリーミングが可能になります。
  • SMP 111ライブストリーミング
  • この年間ライセンスにより、KalturaホステッドビデオプラットフォームとSMP 111の連携を強化します。このLinkLicenseを追加することにより、RTMPによるKalturaへのライブメディアストリーミングが可能になります。

NAVigator用LinkLicense

エクストロンのNAVigatorは、NAVシリーズPro AV over IPシステムのセキュアな管理、設定、制御を行うために開発された専用ハードウェアアプライアンスです。NAVigator用LinkLicenseにより、16台のエンドポイントに対応するエントリーレベルのNAVigatorシステムに、エンドポイントを追加することが可能です。様々な規模のシステムに対応するために、NAVigatorデバイス1台あたり48、96および240台のエンドポイントに対応可能な3種類のLinkLicenseパッケージをご用意しています。複数のNAVigatorデバイスを一緒に使用して千台を超えるエンドポイントに対応することが可能です。

ビデオイメージ左右反転機能用LinkLicense

ビデオイメージ左右反転機能対応LinkLicenseは、SMP 100またはSMP 300シリーズストリーミングメディアプロセッサーにパワフルな機能を追加します。AVプレゼンテーションの高度で効率的な録画を可能にします。ビデオイメージ左右反転機能は、プレゼンターが透明ボード等を使い、カメラに正対して書き込みを行う場合など、映像の反転が必要な場合に大変便利です。この機能により撮影後のビデオ編集の作業が不要になり、時間を節約することが可能です。エクストロンのProシリーズコントロールプロセッサーとTouchLink ProタッチパネルをSMP 300シリーズ製品に追加して、ユーザーフレンドリーな統合された録画ソリューションを実現可能です。

EMS-Quantum Ultra対応LinkLicense

このQuantum Ultraビデオウォールプロセッサー用LinkLicenseアップグレードにより、EMS-Quantum Ultraとプロセッサー間の通信が可能になります。EMS-Quantum Ultraにより、ワイヤレス環境から簡単操作のビデオウォール制御用ユーザー向けアプリケーションを自由にアクセス可能です。プリセットの選択、ウィンドウ管理、ソース選択などの一般的な操作が、おなじみの指先のアクションで容易に可能です。このアプリケーションにより集中制御を行うことも、VCS - ビデオウォール設定ソフトウェアやコントロールシステムとの同時使用も可能です。iOS、Android、Microsoft Surfaceプラットフォームと使用可能です。

主な特長

  • ユーザー毎ではなくシステム毎のライセンスを採用、コストを低減
  • 多くのエクストロン製品とシームレスに動作
  • 特定の追加機能などが必要なシステムに使用
  • ユーザーによるシステム操作を容易に
  • 費用の節約と拡張機能の導入の簡素化が可能
  • 施設全体の操作とストリーミングの方式を統一することにより、サポートの負荷を軽減
  • 購買プロセスを効率化し管理の負荷を低減
  • 様々な機器や用途に合わせて自由に機能をカスタマイズ可能
  • ライセンスの集中管理は不要
LinkLicenseの有効化