ビル管理システム

エクストロンのコントロールシステムはスマートビルをさらにスマートにします。

スマートビルは、空調、照明、電力、水道・ガスの使用、監視カメラなどの重要なビルディングシステムを調整・制御するために連携して動作する多数の自動プロセスを使用しています。このテクノロジーでは、互いに通信を行い、様々なサブシステムの現在の状態に基づいて高度な指示を実行できる複数の機器とBMSが使用されています。この種類の通信には、ビルのネットワーク経由で調整、監視、制御を行うことが可能なソフトウェアとハードウェアが必要です。エクストロンのコントロールシステムは全て、スマートビルとBMSにシームレスに統合することが可能です。

エクストロンのIP Link ProコントロールプロセッサーはデバイスドライバーによりBACnet、KNX、DALIなどの一般的なBMSプロトコルに対応します。ハードウェアやファームウェアの追加は不要です。これらのプロトコルは、空調、照明、電力、セキュリティー等の集中監視・制御を可能にします。

以下のプロトコルをクリックして、解説と利用可能なコントロールシステム向けドライバーのリストをご覧ください。



KNXロゴ

KNXは、住宅およびビル制御の国際通信規格です。この規格は1999年にKonnex Association (現KNX Association)により開発され、以前の3種類の標準、European Home Systems Protocol (EHS)、BatiBUS、European Installation Bus (EIBまたはInstabus)を組み合わせたものです。

KNX Associationには38カ国の396社が加盟しており、7,000種類以上の製品が認証を受けています。これらの製品は、138カ国、約48,000社のKNX認定パートナーで取り扱われています。KNX Associationは、ベルギーの法律に基づく非営利団体です。

用途: KNXは住宅や商用ビルの、空調、照明、セキュリティー、リモートアクセス、ブラインド/シャッター、視覚化、エネルギー管理のオートメーションに使用されています。

メーカー モデル
エクストロン KNX 100G
ABB IPR/S 2.1
ABB IPR/S 3.1
Elka/Insta RS-232/485-IP
Gira KNX IP-Router (2167 00)
Gira KNX IP-Schnittstelle (2168 00)
Intesis ASCII KNX Gateway
Intesis BACnet/IP Server - KNX
Schneider Electric KNX / IP-Router REG-K
Schneider Electric KNX / IP-Router REG-K (Tunneling)
シーメンス Desigo PXC
BACnetロゴ

BACnet (Building Automation and Control Networks) は800社以上のメーカーにより数百種類の機器で使用されている国際規格です。 BACnetは、ASHRAEが開発したデータ通信プロトコルです。「ANSI/ASHRAE規格135-2016」と呼ばれ、また国際規格「ISO 16484-5」とも呼ばれています。

用途: BACnetは、空調、照明、防火、保安機器(アクセス制御、侵入検知)を含むほとんどのビルの運用に対応します。

メーカー モデル
Intesis ASCII Server - BACnet/IP Client
Intesis BACnet/IP Server - KNX
シーメンス Desigo PXC
Trend IQ3
DALIロゴ

DALI (Digital Addressable Lighting Interface)はビル制御における照明制御のための主要なプロトコルです。フィリップスを中心とするメーカー団体により開発されました。lDALI 2が2014年に当初のDALIプロトコルに置き換わりましたが、互換性を維持しています。DALIは、各機器のアドレスを個別に指定して非常にきめ細かい照明の調整が可能です。輝度を256段階で設定可能です。

用途: DALIは照明と、関連する制御専用に使用されます。DALI機器には、蛍光灯高周波バラスト、低電圧トランス、太陽電池、人感センサー、壁スイッチ、他のプロトコルとのゲートウェイなどが含まれています。

メーカー モデル
Brightline BusMaster
Foxtron PEF 150
Helvar DIGIDIM 503 AV
Helvar DIGIDIM 505
Helvar Digidim 905
Helvar Digidim 910
Helvar Digidim 920
Dynalite DDBC1200
DMXロゴ

DMX – Digital Multiplex (デジタルマルチプレックス)は、照明機器 - コントローラー間通信のためのデジタル通信プロトコルです。DMX 512はステージ照明の制御に最も広く使用されている通信規格です。RS-485の仕様に基づいた、デジタルの単方向シリアルプロトコルです。

用途: DMXはプロユースの照明管理プロトコルとして確固たる地位を築いており、世界中のクラブ、劇場、ミュージアム等のステージで、建築照明に使用されています。

メーカー モデル
Acclaim ART 500DMX
Acuity Fresco FCS AVI
Artistic Licence Art-Net 3
Avalk DMXSERIAL-H
Color Kinetics iPlayer 2
Doug Fleenor Design 232-DMX
e:cue Butler XT2
Modbusロゴ

Modbus®は、Modicon (現Schneider Electric)により1979に開発されたシリアル通信プロトコルです。Modbusプロトコルは、ホストとデータ収集システムのセンサーなどのインテリジェント機器間の通信にクライアント/サーバーアーキテクチャーを採用しています。ビルオートメーションでは、チラー、ボイラー、ファンなどの機器の制御に使用されます。柔軟でオープンな通信が特長のModbusは、世界で最も広く使用されているプロトコルの1つです。

用途: Modbusは最も広く使用されている産業用プロトコルですが、ビル、インフラ、交通、エネルギー用としても一般的なプロトコルです。

メーカー モデル
Schneider Electric Modbus TCP/IP
シーメンス Desigo PXC
LonWorks Logo

LonWorks® - Local Operating Networkは、ビルオートメーションを含む様々な種類の制御用途に広く使用されている標準です。このプロトコルは、Echelonにより1988に開発され、1999年にANSIにより制御ネットワーク用の標準(ANSI/CEA-709.1-B)として承認されました。ビルオートメーションが最大の応用分野で、世界中に数百万台の機器が設置されている国際標準です。

用途: LonWorks機器の大部分は、空調や照明などのビル施設関連です。また、このプロトコルは屋外照明や、交通、ライフライン、プロセス制御、ホームオートメーションにも使用されています。

メーカー モデル
Intesis ASCII LON Gateway
シーメンス Desigo PXC

詳細情報

関連製品

ダウンロード